バストアップのためのアプローチには
ツボ・マッサージといった「外部的なアプローチ」と
「女性ホルモン成分」と中心とした、様々な栄養素の摂取による
「内部からのアプローチ」の、主に2つの方法が存在します。

そして、「バストアップ」自体は、実がそれほど難しい現象ではなく
そこから「定着」をさせる方が、はるかに難しいものになります。

バストアップの試みを、外部的・内部的のどちらから始めるにしても

  • 外部からのサポート
  • 内部からのサポート

どちらかがが欠けても、定着はしないものであり
もし一時的にバストアップができたとしても、元に戻ってしまうことになります。

また、これら2つは大まかなコンセプトであり
「直接的なアプローチ」と言えるものに過ぎず、もっと深く掘る下げることで

より根本的なバストアップが実現できる可能性も、考えることができます。

今回は、特に「内部的」な根本アプローチについて考えていきますが
その際にも、やはり「女性ホルモン」が鍵になってきます。

女性ホルモンを増やす・機能を向上させることは
女性としての体の反応全ての向上に効果があります。

  • 髪のツヤ
  • 肌のハリ
  • 爪の質

様々な面でメリットが多きく、また生理サイクルや
婦人病といった、健康的な面もメリットの大きなものになります。

当然、バストにも様々なメリットをもたらすものであり
それは主に「バストアップ」という結果によって、現されます。

そしてこの女性ホルモンの働きを活発にするためには
代表的な植物性エストロゲンである「大豆イソフラボン」や
「バストアップサプリ」に含まれる「プレラリア」といった
「植物性エストロゲン」が、効果的なものとして知られていますが

これら以外もに、より深い部分に効果的とされ
注目される成分に「DHEA」と呼ばれる栄養素があります。

体の内側からバストアップに働きかける新たな成分

DHEAとは、正式名称を「デヒドロエピアンドロステロン」と呼び
これ自体がホルモンであり、「成長ホルモン」に近い働きをします。

「若返り成分」とも呼ばれており、もちろん肌といった
美容面での効果も期待できるものになりますが
あまりにも効果が高いため、日本では個人的な入手ができません。

病院での医師からの処方、もしくは個人輸入であり
また使い方も難しく、場合によってはトラブルの素になることもあります。

しかしながら、DHEAの代わりとして「ジオゲスニン」と呼ばれる成分が存在します。
DHEAに近い・変わりとなる効果を求めるのであれば
この「ジオゲスニン」を配合したサプリがおススメです。

というのも、ジオゲスニンは主に「サトイモ」に含まれる成分になりますが
その含有量は非常に少ないのであり、食事による摂取は現実的ではありません。

効率的に・早く効果を得たいのであれば、やはりサプリがおススメになります。

こういった、一見関係がなさそうなサプリ・成分が
バストアップにも効果的なケースというのは意外に多く
「更年期サプリ」と呼ばれるアイテムに、大豆イソフラボン以外にも
バストアップに効果的な成分が含まれている例等があります。

いずれにしても、「結果的に女性ホルモンを活発にする」という
バストアップの根幹に関わるアプローチであることには変わりなく
バストアップにとって、女性ホルモンは絶対に無視できない成分と言えます。