女性にとっての、美容にとっての、「魅力」に関わる内容は無限大です。

「ぱっちりとした目」

「やや小さく筋の通った鼻」

しかしながら「カタチ」に関するものは、非常に大きな鍵を握ると同時に
なんとかなること・難しいことに、大きく分かれてしまうこと多いと言えます。

それでは、「表面上の魅力」を考えた際に、

「ハリのある肌」

「血色のいい唇」

これらは食生活の改善や、スキンケアアイテムの利用によって
なんとかなることも、多いような気がします。

いずれにしても<カタチをなんとかする>ことに比べて
「なんとかなる」可能性が高そうな要素と言えます。

そして、

基本的には<魅力を加える>ということが、より美しくなる条件であることがが多い一方
「無い方がいいもの」という要素もあります。

その中でも、最も顕著なものが「シミ」を代表とした<色素の沈着>であり
そして往々にして、無い方がいいものというのは、除去することが難しいものになります。

<欲しい>要素を得ること以上に、<要らないもの>を
無かったことにするのは、難易度が高いことなのです。

そのため、それらは「消す」「防ぐ」の両方が必要な存在と言えます。

いろいろな種類があるシミ

シミに加えて「そばかす」を代表とした色素の沈着は
それぞれの根本的な原因は、共通したものによるものですが
「でき方」や「状態」によって、やや異なるものとなります。

そばかす(雀卵斑)

まず、最も<薄い>傾向のある<そばかす>と呼ばれているものは
小さな薄い色素が、一定の範囲にまばらに集中しているものを指し
正式には「雀卵斑(じゃくらんはん)」という名称になります。

  • 両頬
  • 目の下
  • 胸元

といった、「できる場所」に特徴があります。

またそばかすに関しては、そのままで消えることは稀なものの
それほど濃くはなく、どちらかというと量・範囲が気になるものです。

基本的には「体質」が大きな要因と言えるものであり
特に「白人」に多いことは、広く知られているものでもあります。

もちろん、「後天的に」できてしまうこともありますが
これは以下で紹介する2つのシミができる過程が、混ざり合ったものであると言えます。

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

そして更に、<年をおうごとに薄くなる!>という特徴があります。

一点にできる(小さいものが集中することもあり)ものは
「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」と呼ばれ
基本的には、「加齢(老化)」によって現れるものになります。

更に<徐々に濃くなる>という特徴があり、
この<徐々に存在感が増す>現象は、色素沈着の鍵となる要素と言えます。

「紫外線」を代表とした、外部刺激から肌を守るために発生する成分が
体の中で処理できず、排出されなかった結果として発生するものになります。

肝斑(かんぱん)

この肝斑は、そばかすと同じく<左右対称にできる>特徴があり

  • 頬骨
  • 鼻の下

といった、できやすい部分に傾向が見られることもそばかすと共通している部分になります。

更にこの肝斑は、「出産」といった「女性ホルモン」が
大きく変動する時期にできやすい傾向があります。

そして、

  • 外部的な刺激
  • 女性ホルモンの変動

これらは、そばかすが<濃くなったり薄くなったりする>要因でもあります。

それぞれの色素沈着に相応しいアイテムとは
体に発生してしまった、色素を追い出すための方法
効果的な働きかけというのは、すでに確立されており
おおよそのことは、ご存じの方も多いと思われます。

主に

  • 色素の除去
  • ターンオーバー

という、2つの側面から考えていくことになりますが

こと「できてしまった色素沈着」に対しては
より1の「色素の除去」という点が、重要なものになります。

「シミ対策アイテム」というものを、利用したことがある方は多いはずですが
実際には、<シミを防ぐ>ことよりも<除去したい>方が多いはずです。

「除去」と「薄くする」という働き替えも、やや異なるアプローチであり
また「範囲」によっても、アイテムの「容量」等を考える必要があります。